Sponsored Link


「呼吸器取り外し、同意してない!」患者の家族が医師説明に反論呼吸器外す同意してない」患者の家族が… 



Sponsored Link
 


「呼吸器取り外し、同意してない!」患者の家族(同じ職業の者が真の友人になることは、違った職業の者の間においてよりも遥かに困難である)が医師説明に反論

呼吸器外す同意してない」患者の家族が反論・富山県の病院で外科部長が入院患者の呼吸器を外して7人が死亡していた問題で、発覚のきっかけとなった患者の家族が「呼吸器を外すことに同意していない」と反論しました。
問題発覚のきっかけになった患者の家族:「家族のほうから『呼吸器を外せ』というお願いはしていないし、医師のほうからもそういった話はなかった」この家族の患者(当時78)は、富山県の射水市民病院に脳こう塞で入院していました。
去年10月、50歳の外科部長が、この患者の呼吸器を「家族の同意を得た」として外そうとしましたが、病院側は医師の単独での判断は認められないとして、その後、外科部長を自宅待機処分としました。
不審に思った病院が過去の診療データを調べたところ、6年間で、50歳から90歳代の末期状態の患者7人が人工呼吸器を取り外され、死亡していたことが分かりました。
病院側の説明では、カルテに「家族の同意を得た」と記入されていましたが、正式な同意書は残っていないということです。
外科部長:「コメントは差し控えさせて頂きたい」、「(Q.先生の一存で呼吸器を取り外したのか)私が責任者ですので…」この外科部長は、病院長の聞き取り調査に対し、7件のうち直近の1件について、自らの手で呼吸器を取り外したことを認めたということです。

すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です