Sponsored Link


プロ入り7年目の阪神・狩野、初安打が値千金のサヨナラ打!岡田監督から「おめでとう」と祝福 筋書きの… 



Sponsored Link
 


プロ入り7年目の阪神・狩野、初ヒットが値千金のサヨナラ打!岡田監督から「おめでとう」と祝福

筋書きのないドラマが“待ち続けた男”に光を当てた。
プロ初ヒットが延長十二回のサヨナラ打。
歓喜の輪の中心で背番号99が踊っている。
プロ7年目。
苦節を重ねた狩野が美酒の味を知った。
「(出番が)絶対に来るという気持ちで待っていました。
もう負けることはない。
思い切っていこうと 思ってました」 お立ち台も初体験。
待っていてくれた満員の右翼席は絶景だ。
同点打の赤星とは対照的に、大歓声にぎこちなく両手を振った。
延長十二回。
3点差を追いつき二死一、二塁から5番・今岡が歩かされた。
ベンチに残ったのは 狩野と清水の控え捕手2人だけだった。
岡田監督が手招きして「まっすぐだけ狙え」とささやく。
初球のフォークを空振りしたが余裕があった。
2球目の直球が左翼線を抜けていった。
「ファームのときからチャンスで初球を見逃すのがイヤだった。
空振りしても落ち着いていた。
岡田監督には1、2年目に二軍でお世話になり、こうして一軍で貢献できたのがうれしい。
おめでとうと言われました」 3年前に聖子夫人(26)と結婚。
すでに2男に恵まれている。
とくに昨年11月15日の二男誕生が 転機になった。
「もう、家族(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)に迷惑かけられん。
自分を変えないと」と一念発起。
オフには金本に 弟子入りし、広島市内のトレーニングジム「アスリート」の門をたたいた。
単身で広島に乗り込み、ホテル住まいで本格的なウエートトレに取り組んだ。
一時的に家族に 寂しい思いはさせる。
それでも、二軍でくすぶる自分を見せる方がつらかった。
「家族と会えないくらい練習に集中しないといけないと思った」と振り返る。
開幕一軍スタートで1度も登録抹消されることなく、1度も出場していなかった最後の男。
それが最高の舞台で報われた。
記念のボールはジャイアンツ・矢野によってスタンドに投げ込まれて しまったが、関本の呼びかけで戻ってきた。
バッグに潜ませた約150グラムの汚れた白球-。
この重みをつかむために、6年間の汗と涙があった。
ソース・詳細はhttp://www.sanspo.com/baseball/top/tig200704/tig2007042101.html

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です