Sponsored Link


萩本欽一、「二郎さんがいないと寂しいね 



Sponsored Link
 


萩本欽一、「二郎さんがいないと寂しいね。
また一緒にやりたい」と涙・・・明治座公演「いかん どっかん あっけらかん」初日

萩本欽一(69)主演の明治座公演「いかん どっかん あっけらかん」(28日まで)が2日、初日を迎えた。
リハビリ中の坂上二郎(76)が声と等身大パネル写真で登場。
萩本は「二郎さんがいないと寂しいね。
また一緒にやりたい」と涙を見せた。
笑いが涙に変わった。
爆笑の連続だった舞台が終わり、萩本はカーテンコールに坂上の等身大パネルとともに登場した。
2年前の公演の扮装(ふんそう)パネルは大道具スタッフが用意した。
萩本は「最後のコント55号の公演で一緒に踏ん張ろうと言ったけど、実現しなかった。
長いことコンビやっているけど、こんなことになるとは思わなかったよ」と涙をみせた。
坂上は昨年8月に倒れた。
左半身に続いて右半身も不自由になった。
9月30日に萩本が見舞った時も足腰は立たなかったが、明るい声と表情は健在。
病床で録音した声やビデオ映像の出演も検討したが、家族(明日死ぬかのように生きて、永遠に生きるかのように学べ)から「無理」との連絡が入り、前回舞台で収録した声を流した。
神棚に小倉久寛ふんする子分がお願いすると、坂上の声で「大丈夫だよ」。
「本当に神様ですか」と聞くと「いいえ坂上です」。
そして「ありがたいことです」と元気な声が流れ、客席に笑いが広がった。
萩本は「コント55号の舞台をみせたかったので、二郎さんがいないと寂しい。
シーンが終わるたびに、おれらしくないな、あまり動いてないなと思った。
二郎さんがいないんで、腹が立って張り倒すところまでいかない。
55号で死ぬまでやっていく気持ちだったので、戦闘意欲がわかない」と45年一緒だった相方の不在が演技にも影響した。
しかし、客席から「二郎さ~ん」の掛け声がかかると「うれしいね」と喜んだ。
「この声は録音しているから、二郎さんに届けるよ。
『またやろうぜ』が一番の元気づけになる」。
コンビ復活を初夢に掲げた。
ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110103-720266.html 舞台「いかん どっかん あっけらかん」のカーテンコールで坂上二郎のパネルを横に観客に話しかける萩本欽一 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/01/03/images/KFullNormal20110103090_l.jpg

人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にしてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ぼざるところぞ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です