Sponsored Link


「夫は仕事、妻は家事、という考え方に若者も親もこだわり過ぎ 



Sponsored Link
 


「夫は仕事、妻は家事、という考え方に若者も親もこだわり過ぎ。
それが結婚を少なくしている要因」山田昌弘教授が講演

「婚活」や「パラサイト・シングル」などの流行語を生んだ山田昌弘・中央大教授(52)(家族(孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ)社会学)が26日、「『婚活時代』をめぐって」と題し、姫路市本町のイーグレひめじで講演した。
非婚化や晩婚化が進む背景を踏まえ、「結婚が増えるためには男女の意識改革が必要」と説いた。
(大島光貴)国の男女共同参画週間(23~29日)に合わせ、同市男女共同参画推進センターが主催。
約150人が聴き入った。
30代前半の未婚者は年々増え、2005年の国勢調査で男性47%、女性32%。
うち9割は結婚の希望を持っているが、山田教授は「夫は仕事、妻は家事、という考え方に若者も親もこだわり過ぎ。
それが結婚を少なくしている要因となっている」と指摘した。
講演では、時代背景についても解説。
男性が正社員として働くのが当たり前だった20~30年前は収入も安定し、女性は専業主婦として暮らせた。
しかし、今では35歳以下の未婚男性の正社員率は7割程度という。
「若い男性が稼げる女性を好むようになる一方で、女性は依然、高収入の男性を求め、専業主婦になりたいとの希望も強い」と山田教授。
婚活が実を結ぶよう、男性には「(相手に対し)自分も家事や育児をする、と伝えるべき」、女性には「自分も働けば、相手の収入が高くなくても大丈夫だ」とアドバイスした。

同じ職業の者が真の友人になることは、違った職業の者の間においてよりも遥かに困難である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です