Sponsored Link


「久万オーナーを少額の裏金で辞めさせるな」の星野仙一SD、クリーンな完全ウェーバーを再主張 ドラフト… 



Sponsored Link
 


「久万オーナーを少額の裏金で辞めさせるな」の星野仙一SD、クリーンな完全ウェーバーを再主張

ドラフトはその精神の部分を曲げたり、長年にわたっていろいろと便宜的に いじくりまわしたりしてきたわけだけれど、もういい加減にきちんとした「ルール」を 確立しなければいかんということでしょう。
(中略)こういう問題(西武の裏金問題)というかこういう事件というか、こうしたことが持ち あがるたびに、またこうした不祥事を繰り返えさないようにするためにもことあるごとに、わたしも「完全ウエーバー方式」に戻すよう声を大にしてきたひとりではあるけれど、本当に自らを律して、制度を本気で見直そうとするならこれはシンプルに、ウエーバー 方式に戻すほかないんじゃあないかと、わたしはそう思っている。
ドラフト発足当時の昔と違って、世の中というか球界も大きく変わってきて、さらに いい方向へ変わっていかなければならない、時代にも対応していかなければならなく なっているわけだから、そうした部分を加えて、その代わり「FA権取得までの期間を 短縮」するとか、メジャー志向が強まるのではないかというような危惧があるなら メジャーに行っても、すぐ駄目なら日本(にっぽん)に帰ってというような規制のない安易さを 許さないような取り決めを決めを設けるとか。
「マイナー化しないような新しいルール」を 取り入れるような検討もあって然るべきなんじゃあないか。
(以下略) 星野仙一のオンラインレポート 2007 . 3 . 12 http://hoshino.ntciis.ne.jp/ ウチの球団に限らず、他球団、一般企業でも20~30万円の金額については直接の担当者の裁量のはず。
このくらいの額でオーナーや 球団社長が責任を取らなければ ならないものなのだろうか(スポニチ) http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200410/24/base171667.html 一場の家族(人間の道徳とはなんですか。上品ぶった奴で、生産をせずに消費する一つの口実です)を温泉旅行に招待していたという事実も(デイリー@リンク消滅) http://www.daily.co.jp/baseball/2004/10/23/147713.shtml 関連

人格とは、高きものと、まったく低きものとが一つになったものである。…人格の高さとは、この矛盾を持ち耐えることである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です