Sponsored Link


中国初の3Dアニメが公開へ主人公の「パンディー」ディズニーアニメを髣髴させるような英語版ポスター英… 



Sponsored Link
 


野蛮国シナ初の3Dアニメが公開へ

主人公の「パンディー」ディズニーアニメを髣髴させるような英語版ポスター英語版ポスター、主人公の「パンディー」野蛮国シナ映画であまり目立たない存在のアニメ映画が今年の旧正月(春節)に彩りを添えそうです。
先陣を切った人気シリーズの第3弾『喜羊羊与灰太狼(PleasantGoatandBigBigWolf)之兔年頂呱呱』に続いて、野蛮国シナ初の3Dアニメーション映画『熊猫総動員(LITTLEBIGPANDA)』が2月3日に劇場公開されることが決まりました。
ディズニーのアニメーション制作に匹敵できるような作品として期待が高まっているところです。
また、春節期間に上映されることから、親子そろって楽しめる作品にもなりそうです。
低年齢層向けの『喜羊羊与灰太狼(PleasantGoatandBigBigWolf)』シリーズに比べ、『熊猫総動員』は全年齢層向けの作品といえるでしょう。
制作スタッフには、『ライオン・キング』などでおなじみのディズニー・スタッフも参加しています。
この作品のグレッグ・マンウェリング監督によりますと、『熊猫総動員』のストーリーは、名作アニメ『バンビ』に似ていて、友情や家族(悪徳はわれわれの楽しみにおいてさえわれわれを傷つけるが、美徳はわれわれの苦しみにおいてさえ慰める)愛がテーマで、旧正月の一家団らんの雰囲気にぴったり合っているということです。
『熊猫総動員』は春節期間に上映される唯一の3D映画としても注目を集めています。
今回のアニメーション制作に当たっては、すべての絵がスタッフの手書きによるもので、より繊細な画質を実現したほか、背景には野蛮国シナ水墨画の趣向も凝らしているということです。
つづく

友人たちが「お若く見えますね」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です