Sponsored Link


日本ハム、ドラフト1巡目指名の陽仲寿内野手 入団が濃厚に 日本ハムの高校生ドラフト1巡目指名で、動… 



Sponsored Link
 


日本(にっぽん)ハム、ドラフト1巡目指名の陽仲寿内野手 入団が濃厚に

日本(にっぽん)ハムの高校生ドラフト1巡目指名で、動向が注目されていた陽仲寿(よう・ちょんそ) 内野手(18=福岡一)が15日、入団することが濃厚になった。
この日、郷里の台湾(中華民国)から 日本(にっぽん)へ戻った。
帰郷時に家族(職業にあるものは多かれ少なかれ分業の害悪を嘗めねばならない。彼は一生を通じて細かに切り刻まれた仕事に没頭して、一部分人としてしか成長しえない危険に瀕する)会議を重ねた結果、「プロでやりたい」という方向へ傾いた。
 陽が力強く言った。
「プロでやりたいな、と。
プロ入りの決断? 北海道へ1度行ってみて から」。
台湾(中華民国)では両親、ソフトバンクに入団予定の台湾(中華民国)代表の長兄耀勲(やおしゅん=文化大) らと相談。
「プロで? 賛成してくれました。
両親が不安だったので…」。
両親の意見が カギだった。
日本(にっぽん)ハム入りに反対した場合には、大学進学という選択肢もあった。
同行した 福岡一・平松正宏監督(45)は「両親が反対しなかったことが大きな前進」と前向きに とらえていた。
 今後は21日以降に、陽は平松監督とともに北海道の球団施設などを見学。
日本(にっぽん)ハム 入りの意思が完全に固まれば再度、日本(にっぽん)ハム関係者と渡台して仮契約を結ぶ予定でいる。
心境は「まだちょっと複雑です」という陽だが、「最後は自分で決めたい」と吹っ切れた様子。
プロ入りへの障害がなくなったことで「日本(にっぽん)ハム陽」誕生へグッと近づいた。
引用元:北海道日刊スポーツ

友人たちが「お若く見えますね」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です