Sponsored Link


ひきこもり支援員新設大阪府モデル事業案放置されてきた大学生のひきこもり問題に対応するため、大阪府… 



Sponsored Link
 


ひきこもり支援員新設大阪府モデル事業案

放置されてきた大学生のひきこもり問題に対応するため、大阪府が府内の大学を対象に、独自の支援モデル事業を実施する方針を固めたことが8日、わかった。
全国初の試みで、府議会で予算が認められれば来年度から始める予定。
学生本人へのケアのほか、ひきこもりがニートとなることで予測される生活保護費の増大を防いだり、退学による大学側の収入減を食い止める効果も見込めることから、府は“一石三鳥”の取り組みとして期待している。
府の案では、大学の学生相談室にひきこもり対策のための支援員を新規に雇用する。
支援員はソーシャルワーカーで、1大学3人を想定。
ゼミや研究室などで日ごろ学生と接触する大学の教職員や家族(判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである)らと協力し、ひきこもりの学生に直接接触しながら、生活状態や不登校の原因などを探る。
来年度から2年間のモデル事業として、府内の大学から公募を受け付け、2大学を選ぶ方針。
府は、支援員の人件費など1大学あたり1440万円の助成を想定している。
3年目からは効果を分析した上で、各大学独自の事業として継続してもらう方向を目指す。
以下ソースにてhttp://www.sankei-kansai.com/2009/12/09/20091209-018006.php

ごく小さな孔から日光を見ることができるように、小さな事柄が人の性格を浮き彫りにする



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です