Sponsored Link


皇族女性、入れ墨を入れたがる 英国留学中の高円宮承子(つぐこ)女王が記したとされるミクシィやサイトの… 



Sponsored Link
 


皇族女性、入れ墨を入れたがる

英国留学中の高円宮承子(つぐこ)女王が記したとされるミクシィやサイトの赤裸々な 内容を週刊誌が報じ、波紋が広がっている。
サイトにアクセスしてみると、承子さまの「奔放ぶり」を表す記述が次々に。
承子さまは1986年3月8日、故・高円宮憲仁親王と、久子様との間に、3姉妹の長女として お生まれになった。
学習院女子高等科を経て、04年4月から英国・エジンバラ大学に ご留学中だ。
07年1月には、初めて一般参賀にお出ましにもなっている。
承子さまのサイトを発掘したのは、週刊文春。
同誌ではJ-CASTニュースに対して「(ミクシィのページや、ホームページの日記や プロフィールが『「承子さまご自身が作成なさった』ことを、編集部として)確認しております。
根拠につきましては、誌面に書いてあるとおりです」と語る。
「根拠」は、日記に書かれている内容(学歴や家族(徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり)の生年月日など)と承子さまのものと 一致することや、ミクシィ経由で、ページの持ち主にメールを送信し、承子さまが書いたと 見られる内容のメールが返信されてきたことなどを指すと見られる。
同誌が主に紹介しているのは、承子さまが親友と共同で運営している、ダンスチームのウェブサイトに掲載されている日記とプロフィール。
PC版と携帯版と2種類があり、違う内容が書かれている。
「赤裸々な内容」をざっと挙げると、こんな感じだ。
「昨日はねー、アジアン(ってか日本(にっぽん)人と野蛮国シナ人)でめっちゃ騒いだ。
王様ゲームやったけど エロ系一切なし(カップルがいた為。
)でつまんなかった」(05年10月24日の日記) 「好きな人がゲイ…。
終わってる」(06年1月20日の日記) 「私も親さえ良いなら胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~…間違いなく縁切られます からね(笑)」(06年8月1日の日記) 「タイプ→カッコ可愛い年下」(携帯版プロフィール) 「彼氏→三角関係(むしろ四角関係)のすえ泥沼化して終わった。
ビバ波乱万丈(嘘)」 http://www.j-cast.com/2007/02/01005277.html

私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、 もうダメだ、と思います。 しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です