Sponsored Link


島田洋七原作「佐賀のがばいばあちゃん」佐賀市でロケ 「佐賀のがばいばあちゃん」/県内でロケ 漫… 



Sponsored Link
 


島田洋七原作「佐賀のがばいばあちゃん」佐賀市でロケ

「佐賀のがばいばあちゃん」/県内でロケ 漫才師・島田洋七さんが自分の体験をもとに執筆したベストセラー 「佐賀のがばいばあちゃん」を原作とする映画の県内で最後の撮影が17日、佐賀市の佐賀大付属小学校であった。
運動会シーンの撮影があり、児童や保護者役として 一般公募したエキストラ約700人も参加した。
映画は、「ばあちゃん」役を女優の吉行和子さんが演じるほか、工藤夕貴さんや緒形拳さん、島田紳助さん、三宅裕司さん、浅田美代子さんらも出演する。
監督は倉内均さん。
主人公の少年が戦後、佐賀の祖母宅で過ごした体験を通じて、失われつつある家族(人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む)の愛情や 地域のつながりを描くストーリー。
1日から県内で撮影が続けられてきた。
この日は、運動会の綱引きやリレーの場面や弁当を食べる家族の姿が撮影された。
戦後の日本(にっぽん)の雰囲気を出すため、エキストラには坊主頭の児童らを選び、保護者役の人には 柄のない白っぽい服を着てもらったという。
撮影は終日行われたが、映画で使われるのは計3分。
製作会社の担当者は 「わずかなシーンにも、多くの人が協力してくれて、ありがたいです」と話していた。
ソース(新聞) http://mytown.asahi.com/saga/news01.aspkiji=3216 「佐賀のがばいばあちゃん」公式ホームページ http://www.gabai-baachan.com/

人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です