Sponsored Link


九十九里浜で3人がおぼれ1人死亡-千葉千葉県の九十九里浜で13日昼すぎ、水遊びに来ていた家族連れなど… 



Sponsored Link
 


九十九里浜で3人がおぼれ1人死亡-千葉

千葉県の九十九里浜で13日昼すぎ、水遊びに来ていた家族(この世界の広々とした戦場で、この人生の野営陣地で、家畜のように、ただ黙々と追われていないで、敢然として闘う英雄になろう。人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。人生を恐れてはいけない。人生に必要なのは勇気と想像力と、そして少々のお金である)連れなどのグループのうち3人がおぼれて41歳の女性が死亡し、小学5年生の女の子も意識不明の重体となっています。
13日午後0時半ころ、九十九里浜にある千葉県大網白里町の海岸で30メートルほど沖合の浅瀬を歩いていた女の子がおぼれ、砂浜にいた男女2人も海に入って助けようとしたものの次々におぼれました。
警察によりますと、3人は近くでサーフィンをしていた男性らに引き揚げられ、病院に運ばれましたが、このうち千葉市稲毛区に住む自営業、小池倫世さん(41)の死亡が確認され、最初におぼれた千葉市稲毛区の小学5年生、宮木莉乃さん(11)も意識不明の重体です。
また宮木さんを助けに向かった建設作業員の石田健さん(57)も、水を飲んで病院で手当てを受けています。
おぼれた3人は、ほかの4人の子どもと7人の家族連れなどのグループで水遊びに来ていたということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。
現場の海岸は、晴れて波も穏やかだったため、浅瀬に入って遊ぶ人が多くいたということです。
地元の人によりますと、3人がおぼれた場所は、岸から沖に向かう「離岸流」と呼ばれる流れが強いうえ、水深が急に深くなるところもあり、毎年、海水浴のシーズンには監視員が近くに寄らないよう注意を呼びかけていたということですが、この日は海開きの前で監視員などはいませんでした。
2010/06/13[19:24:45]http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100613/k10015083141000.html

人の天性は良草を生ずるか、雑草を生ずるか、そのいずれかである。だから、折をみて良草に水をやり、雑草を除かねばならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です