Sponsored Link


お盆最終日,長崎県内の各地で爆竹の轟音とともに「精霊流し」お盆最終日の15日夜、長崎県内の各地で伝… 



Sponsored Link
 


お盆最終日,長崎県内の各地で爆竹の轟音とともに「精霊流し」

お盆最終日の15日夜、長崎県内の各地で伝統行事の「精霊流し」が行われました。
長崎市では午後5時すぎごろから、故人をしのぶ「精霊船」が県庁坂を登り始めました。
精霊流しは、初盆を迎えた家族(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)が故人の御霊を船に乗せ、西方浄土に送る長崎の夏の伝統行事です。
2005年は県内で3,000隻の船と15万人の人出が見込まれていて、沿道には大勢の観光客が見物に訪れていました。
故人が生前働いていた豆腐屋をイメージしたユニークな船や、昔ながらのわらで編んだ伝統的な船、そして愛犬のための小さな船など、趣向を凝らした船が次々と流れていきました。
悪霊払いの爆竹の音と鐘の音が入り交じったにぎやかな中にも、家族や友人が故人を悼むしめやかさも伝わってくるようです。
精霊流しは午後11時まで続きました。
[ソース]FNN

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です