Sponsored Link


ヤクルトが立命・金刃獲り参戦 ヤクルトが今秋のドラフト希望枠候補として立命大・金刃(かねと)憲人投… 



Sponsored Link
 


ヤクルトが立命・金刃獲り参戦

ヤクルトが今秋のドラフト希望枠候補として立命大・金刃(かねと)憲人投手(21)の獲得に乗り出すことが23日、分かった。
ソフトバンク、阪神など複数球団が争奪戦を 繰り広げているが、大先輩である古田監督の「立命大ライン」を最大限に生かす。
金刃は2004年春の関西学生野球ベースボールリーグ戦でMVP、昨秋9月24日の京大戦ではノーヒット ノーランも達成。
大学通算で17勝8敗、防御率1・32。
球団関係者は「球速以上にボールに キレがある」と評価。
密着マークを続けていく方針だ。
古田監督は「全国に立命館大学の名前を覚えてもらえるように、OBで球界を盛り上げて いきたい」と話すなど、母校に対する愛着は深い。
金刃も「100%信頼できる捕手という 印象。
1度はバッテリーを組んでみたい」と尊敬しており、球団は「立命大ライン」を 最大限活用するつもりだ。
金刃 憲人(かねと・のりひと)1984年4月10日、兵庫・尼崎市生まれ。
21歳。
小学1年から「園和北フレンズ」で野球ベースボールを始め、6年時に全国優勝。
市尼崎高では1年夏から ベンチ入りも、甲子園出場はなし。
立命大では通算17勝を挙げるなど、エースとして活躍。
176センチ、81キロ。
左投左打。
家族(愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ)は両親と姉2人。
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/jan/o20060123_50.htm

われわれは現在だけを耐え忍べばよい。 過去にも未来にも苦しむ必要はない。 過去はもう存在しないし、 未来はまだ存在していないのだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です