Sponsored Link


自慰中の事故死を描いた映画『World’s Greatest Dad』が完成 心臓の大手術を受け、現在は順調に回復して… 



Sponsored Link
 


自慰中の事故死を描いた映画『World’s Greatest Dad』が完成

心臓の大手術を受け、現在は順調に回復しているロビン・ウィリアムズが主演した 映画『World’s Greatest Dad』(原題)について、俳優兼監督のボブ・ゴールドスウェイトが語ってくれた。
高校で詩を教える教師ランス(ロビン)は、自慰行為中に誤って死亡してしまった息子(ダリル・サバラ)のために、家族(貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから)の恥を隠そうと偽の遺書を作ってしまったことから大騒動を巻き起こすコメディー作品。
つい先日、俳優のデヴィッド・キャラダインが自慰中の事故で死亡したとの報道がなされたが、自慰行為中の死亡事故という設定に不安はなかったのか。
「この映画が、その不幸な事故だけを描いているなら 問題だろうけど、それ以外の重要な問題にも触れているんだ。
ただ、映画の試写を行う前までは、自慰行為中の事故と聞いただけでボロカスに言う人もいたけど、いざ試写を始めてみると、そういう発言はなくなったよ」と その表現はあくまで一部であることを強調した。
映画『ドニー・ダーコ』のリチャード・ケリー監督が仕切るダーコ・エンターテインメントが、本作を製作したことについて「それよりも前に、2つの制作会社がこの脚本を気に入ってくれた。
でもその両方から脚本の修正をお願いされてね。
だから断ったんだ。
そうしたら後で、「断るなんて、あいつはわがままだ」なんて悪いうわさを立てられてね。
その後にダーコ・エンターテインメントに 脚本を見てもらったら、オリジナルのままを尊重してくれて、それが決め手になったんだ」と 素晴らしい制作会社のおかげで、個性的なダークコメディーが生まれたことを教えてくれた。
http://www.cinematoday.jp/page/N0019275 ボブ・ゴールドスウェイト監督 http://s.cinematoday.jp/res/N0/01/92/N0019275_l.jpg

自分の道を迷いながら歩いている青年の方が、 他人の道を間違いなく歩いている青年よりも好ましく思う



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です