Sponsored Link


福島県南相馬市出身の木幡騎手「実家は流されたと思う 



Sponsored Link
 


福島県南相馬市出身の木幡騎手「実家は流されたと思う。
両親と連絡はついたが…」

被災地の福島県は競馬場もあり、競馬と縁が深く、関係者にも出身は多い。
ベテランの木幡初広騎手(45)=美浦=は、被害の大きかった南相馬市 原町区出身。
実家は海から1~2キロの場所にあったという。
「家は(津波で) 流されたと思う。
震災の翌日(12日)に両親と連絡はついたが、今は競馬場 近くの妹のところへ避難している。
今すぐにでも迎えに行きたいんだが…」と 家族(貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから)の無事は確認されたが、ガソリン不足や道路事情等の問題もあり、沈痛な表情。
今週は阪神で騎乗する予定だ。
また、中通り出身の宗像義忠調教師(56)=美浦=も「原発からそれほど 近くありませんが、それでも50~60キロの距離。
どうなるのか…」と相次ぐ 原発事故の報道に心配そうだった。
http://www.sanspo.com/keiba/news/110316/kba1103160504006-n1.htm

人間は善良であればあるほど、他人の悪さに気がつかない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です