Sponsored Link


「家族でいただきますの日」、県が新年度にも制定~食育充実目指す(02/15/2006)「家族でいただきますの… 



Sponsored Link
 


「家族(われらはつねに命の短きを嘆じながら、あたかも命の尽くる時期なきごとくふるまう)でいただきますの日」、県が新年度にも制定~食育充実目指す(02/15/2006)

「家族でいただきますの日」、県が新年度にも制定~食育充実目指す(02/15/2006)県は、家族で一緒に食事することによる食育を目指し「家族でいただきますの日」を新年度中にも制定する方針を固めた。
提唱や普及について、5月に策定する「県食育推進計画」(10年度までの5年計画)の重点プランの柱として盛り込む。
県民や有識者らから意見を募り「毎週○曜日」や「毎月○日」など制定の形態を検討する。
計画最終年度の10年度に「家族でいただきますの日」を県民の70%以上が認知するように普及を目指す。
県食品安全課によると、「家族でいただきますの日」制定は、忙しさなどから失われつつある家庭の食卓が持つ機能、役割を見直す機会にするのが狙いで、食を通して豊かな心や社会性を育むことを目指す。
国の調査では週4日以上家族で食事をする人の割合は48・7%。
同課の調査でもここ数年で「個人を中心にしたライフスタイルの多様化」などから急激な減少傾向にあるといい、同計画では10年度に60%以上とすることを目標にした。
単に家族で一緒に食べるだけでなく、食品の安全や食文化などを子どもたちと話すなどコミュニケーションを図ることを重視。
県は「県民一人一人が食育を考えるきっかけにし、県民全体の運動につなげたい」という。
(後略)

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です