Sponsored Link


ACミランのクラレンス・セードルフが自宅で強盗被害に遭う 現地時間15日、ミラン(イタリア)所属の元オ… 



Sponsored Link
 


ACミランのクラレンス・セードルフが自宅で強盗被害に遭う

現地時間15日、ミラン(イタリア)所属の元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ が強盗に自宅侵入されて宝石・貴金属などを奪われ、総額11万ユーロ(約1500万円)相当の被害に遭っていたことが明らかになった。
セードルフの証言によると、妻、子供、家政婦とともに自宅にいた際、突然マスクをかぶった4人組に襲撃を受けたとのこと。
強盗たちは台所からナイフを持ち出し、セードルフに金庫の鍵を開けさせ、金品を強奪していったが、幸いにもケガ人は出なかったという。
「こういうときに自分の無力さを感じたよ。
私にできたことと言えば、家族(その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?)の心配をすることだけだった」 と語ったセードルフ。
犯人の特徴については 「スラブ訛りがあった。
彼らは暴れるようなことはしなかったし、とても落ち着いていた。
変な表現かもしれないけど、その場の雰囲気はとても和やかだったんだ」と話している。
http://sports.yahoo.co.jp/hlc=sports&d=20051116&a=20051116-00000020-ism-spo

盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です