Sponsored Link


アンリ残留を明言「彼らは私の家族も同然だ」 アンリは新しい契約書にサインする準備が出来ている ア… 



Sponsored Link
 


アンリ残留を明言「彼らは私の家族(不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です)も同然だ」

アンリは新しい契約書にサインする準備が出来ている アーセナルとの契約が来シーズンで満了を迎える為、チャンピオンズリーグ王者バルセロナ への移籍が取り沙汰されるアンリ。
しかしティエリー・アンリは、アーセナルのCLファイナルでの敗退に触発され、彼らとの新たな契約にサインし、数ヶ月に渡る長い葛藤に幕を閉じる用意がようやく整った。
「私は、私が走り続けることができる限り、残留するのを望んでいる。
私にはサポーターを残して去る事は出来ない。
何故なら彼らは私の家族も同然だから」 と、日曜日に語ったもの。
「私はバルセロナが非常に好きだが、水曜日、アーセナルはその魂を私に見せつけてくれた。
私は、今日(金曜日)契約を成立させるのを望んでいる」 28歳のガナーズのキャプテンは、1999年8月にユベントスから加わりクラブの最多得点記録を打ち立てた。
彼は最近三度目の年間最優秀選手に選出され、その受賞演説で、今やロンドンが彼の家であるとまで語った。
また、パリでのCLファイナル敗退後のフライトでは「我々は来年、もう一度戻ってくるつもりだ」 と乗客に語ったとも言われている。
彼がアーセナルとの新たな契約を結べば、それは来シーズン、エミレーツスタジアムへ移転する クラブへの大きな後押しになるだろう。
同時に、11年間クラブで活躍し引退を表明したストライカー、デニスベルカンプの損失を補うものにもなる。
(上記の文は記者の意訳であり、原文の意をそのまま忠実、正確に反映するものではありません) http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/a/arsenal/4996270.stm こッドは依頼により立てられました。

気性の穏健なことはひとつの徳であるが、主義の穏健なことはつねに悪徳である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です