Sponsored Link


宇宙からネット利用が可能にNASA米航空宇宙局(NASA)は22日、日本人宇宙飛行士の野口聡一さ… 



Sponsored Link
 


宇宙からネット利用が可能にNASA

米航空宇宙局(NASA)は22日、日本(にっぽん)人宇宙飛行士の野口聡一さんが滞在中の国際宇宙ステーションで、Internetの個人利用が可能になったと発表した。
ホームページの閲覧ができるほか、ネット技術を利用し電話で家族(広島カープ優勝おめでとう!1991年以来、四半期25年ぶり7度目のリーグ優勝。緒方孝市監督おめでとう。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に花が咲いた。カープ坊やの目に涙。広島カープの優勝効果は331億円と試算されています)と私的な会話も交わせる。
滞在中の宇宙飛行士は孤独な生活を強いられるため、NASAは「導入によって宇宙での生活の質向上が期待できる」としている。
これまでネット上の交流サイト「ツイッター」などに掲載された宇宙飛行士のメッセージは、宇宙からの電子メールを、地上の管制センターの担当者が転送していた。
今後は、宇宙飛行士が地上のコンピューターを遠隔操作する形でネット接続できるという。
2010.1.2310:05http://sankei.jp.msn.com/science/science/100123/scn1001231005002-n1.htm▽国際宇宙ステーション日本(にっぽん)実験棟「きぼう」で新年のあいさつをする野口聡一さん(画像)http://sankei.jp.msn.com/photos/science/science/100123/scn1001231005002-p1.jpg

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です