Sponsored Link


嵐が主演映画で「昭和」を体感、作品にかける思いを語る・青春映画「黄色い涙」 嵐が主演映画で「昭和」… 



Sponsored Link
 


嵐が主演映画で「昭和」を体感、作品にかける思いを語る・青春映画「黄色い涙」

嵐が主演映画で「昭和」を体感 人気グループ嵐のメンバー5人が主演する青春映画「黄色い涙」(犬童一心監督、来春公開)の撮影が大詰めを迎えた。
高度経済成長期の64年(昭和39年)の東京を舞台に夢を追いかける若者たちの姿を描く。
このほど都内で撮影が行われ、5人が作品にかける思いを語った。
二宮和也(23)は漫画家、大野智(25)は画家、相葉雅紀(23)は歌手、櫻井翔(24) は小説家を志す青年、松本潤(22)は集団就職で上京した青年役。
二宮は「台本を読んだ時は64年がリアルに感じられませんでしたが、演じてみてこの時代の面白さを感じた」。
松本と大野はつかの間のタイムトリップを楽しんだ。
松本は 「セット、美術、小道具に至るまで細かくこだわっていて楽しかった」。
大野も「セットが リアルでその空間にいるだけで役に入り込め面白かった」。
同時期の東京を扱った映画では昨年、58年(昭和33年)を舞台に家族(感受性が強すぎると不幸になる。感受性が無さすぎると犯罪者になる)の絆(きずな) を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」が大ヒット。
「黄色い涙」は、現実の厳しい壁と 向き合う「若者の夢」を描く。
櫻井は「若者たちのひた向きさが胸に響くと思います」。
相葉も「携帯やパソコンもない時代に何もないけど仲間とのつながりが強く出ている。
いい意味で人間くさい映画」と感じている。
29日にクランクアップする。
引用元 http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20060622-49517.html 『J Storm TOP』 http://www.j-storm.co.jp/

人間とは何か? 愚かな赤ん坊だ。無為に努力し、戦い、いらだち、何でも欲しがりながら、何ものにも値せず、ちっぽけな一つの墓をうるだけだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です