Sponsored Link


桑田、裸一貫メジャー挑戦 米国で単身赴任する計画 巨人を退団し、メジャー挑戦の意向を表明した桑田真… 



Sponsored Link
 


桑田、裸一貫メジャー挑戦 アメリカ合衆国で単身赴任する計画

ジャイアンツを退団し、メジャー挑戦の意向を表明した桑田真澄投手(38)が、アメリカ合衆国で単身赴任する計画を固めたことが9日までに分かった。
長男、二男の教育面にも配慮したもので、裸一貫で野球ベースボールに没頭し、新たな戦いに臨んでいく。
孤独な挑戦を決断した。
「自分独りでいきますよ。
子供には学校があるからね」 家族(人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない)を日本(にっぽん)に残し、桑田は海を渡ることになった。
中学2年の長男・真樹君、小学6年の二男・将司君と2児のパパである18番。
アメリカ合衆国でのトライアウト、入団テスト受験だけでなく、移籍先が決まった場合でのシーズンまで、独りでチャレンジすることを決めた。
離れていても、家族のぬくもりは忘れない。
91年に結婚以来、内助の功で支えてきた 真紀夫人(38)は「試合の移動が遠距離で大変そうですね」と心配しながらも、「今は時差も関係なく、メールでいつでもやりとりできますから。
息子も逆に離れた方が、うまくいくかもしれませんし」と家族みんなでパソコンを駆使し、一家の大黒柱を応援する意向を語った。
単身赴任の悩みといえば、何より食事だ。
栄養バランスに配慮し、和食メーンの食生活を送る桑田だが、真紀夫人は「最近はいろいろ食べますしね。
海外で自主トレする時も、自分で考えて食べているみたい。
さすがに自炊する時間は ないでしょうから」と心配なく送り出すつもりだ。
失敗を恐れず挑む姿勢は、子供らにとって最高の生きた教科書。
桑田はその背中で、父の生きざまを見せつける。
(2006年11月10日06時01分 スポーツ報知) http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20061110-OHT1T00060.htm

アダムはリンゴが欲しかったから食べたのではない。禁じられていたから食べたのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です