Sponsored Link


グッド・シャーロットのドラマー、クリス・ウィルソンが「個人的な健康面の問題」により脱退 グッド・… 



Sponsored Link
 


グッド・シャーロットのドラマー、クリス・ウィルソンが「個人的な健康面の問題」により脱退

グッド・シャーロットのドラマー、クリス・ウィルソンが、非公開の「個人的な健康面の問題」によりバンドを脱退したことが明らかになった。
バンドが公式サイト「GoodCharlotte.com」上で発表した。
「多くのファンのみんなは知っていると思いますが、僕たちのドラマー、クリス・ウィルソンは、個人的な健康面の問題により、ツアーを休みがちでした。
残念ながら、この問題は続いているので、僕たちはクリスを友人や家族(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)の近くで、きちんと療養させることに決めました。
これは僕らみんなにとってもつらい状況です。
僕たちはクリスとの演奏が大好きでした。
みんなには僕らの決断を尊重し、状況を理解して、クリスが早く良くなるようお祈りしていただきたいです」。
クリスは2002年夏、現在ア・パーフェクト・サークルに所属しているジョシュ・フリース(バンドのブレイクのきっかけとなったアルバム『The Young And Hopeless』でドラムを担当)の後任としてグッド・シャーロットに加入した。
クリスの初ライブは、バンドが新人として参加した「Warped Tour」で、その後、世界で最も成功したポップ・パンク・バンドになっていったグッド・シャーロットの一員として、2002年と2003年の大半を世界ツアーに費やした。
しかし、昨年10月にバンドが最新アルバムの楽曲をニューヨークで初披露した際、クリスの姿は見られなかった。
この時、バンドはクリスが「関節の治療を受けている」と説明していた。
http://www.mtvjapan.com/music/music_news_detail.html/data_id=517 グッド・シャーロット オフィシャルサイト(英語) http://www.goodcharlotte.com/ グッド・シャーロット オフィシャルサイト(日本(にっぽん)語) http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/GoodCharlotte/

旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です