Sponsored Link


漁船が転覆両足不自由な船長が腕だけで立ち泳ぎ15時間奇跡の救出…沖縄6日午前10時半頃、沖縄県宮古… 



Sponsored Link
 


漁船が転覆両足不自由な船長が腕だけで立ち泳ぎ15時間奇跡の救出…沖縄

6日午前10時半頃、沖縄県宮古島市・下地島の北西約1・5キロの海上で、同市伊良部漁協所属の漁船「福和丸」=0・8トン、男性船長(55)1人乗り組み=が転覆しているのを宮古島海上保安署の巡視艇などが見つけ、約30分後、船の西側約500メートルで立ち泳ぎをしていた船長を救助した。
転覆から約15時間立ち泳ぎを続けて衰弱しており、市内の病院に入院した。
回復に向かっているという。
発表によると、船長は5日午後4時頃、同市伊良部島の佐良浜漁港を出港、現場海域でイカ釣りをしていた。
同海上保安署に対し、「午後8時頃、高波で転覆して海に放り出され、立ち泳ぎをしていた」と話したという。
潜水病の影響で両足が不自由で、救命胴衣も着けないまま両腕の力だけで泳ぎ、救助を待ったらしい。
帰港予定の同日夜になっても戻らなかったため、家族(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)が下地島の陸上から漁場としている海域を捜していたところ、6日午前8時頃、沖合に転覆している漁船を見つけ、同市消防本部に連絡した。
宮古島地方気象台によると、転覆当時、現場海域には波浪注意報が出ており、約2・5メートルの高波があった。

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です