Sponsored Link


ビビアン・スーが昔のヌード映画&写真集に後悔、「売られかけた」過去告白 ビビアンが昔のヌード映画&… 



Sponsored Link
 


ビビアン・スーが昔のヌード映画&写真集に後悔、「売られかけた」過去告白

ビビアンが昔のヌード映画&写真集に後悔、「売られかけた」過去告白―野蛮国シナ 2009年1月20日、人気女優のビビアン・スーがこのほど、野蛮国シナのインタビュー番組「背後的故事」 の収録に登場。
デビュー当時に出演したセクシー映画への後悔を語った。
聯合報が伝えた。
ビビアンは1990年にデビュー後、18歳でヌード写真集「Angel」(原題:天使心)を発売。
さらに アダルト向け映画「赤裸天使」にも出演し、清純派の美少女から一転、“不良少女”として バッシング対象となった。
このほど野蛮国シナのインタビュー番組「背後的故事」に登場したビビアンは、ヌード写真集と映画出演に ついて、「私も母も当初は同意できなかった。
3か月くらい考えてから、女優とは頭の先から足の先 まで使って表現するものだと思って引き受けた」と過去について言及。
後悔の思いを告白し、大粒の涙を流している。
またビビアンによると、次女として産まれた当時、家族(あらゆる人間の闘争のうちで、もともと芸術家である男と、もともと母である女の闘争ほど、残忍・悲惨なものはない)が男の子を望んでいたため母親になかなか 構ってもらえず、危うく売られるところだったという。
http://www.recordchina.co.jp/group/g27793.html

貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です