Sponsored Link


臓器移植「15歳未満認めるべき」74%…社が6月27~28日に実施した面接方式の全国世論調査で、「臓器… 



Sponsored Link
 


臓器移植「15歳未満認めるべき」74%…

社が6月27~28日に実施した面接方式の全国世論調査で、「臓器移植を必要とする子供が国内で手術を受けられるよう、15歳未満の子供でも臓器提供を認めるべきだ」という意見に「賛成」は74%、「反対」は10%だった。
現行で禁止されている15歳未満からの臓器提供を可能にすべきだとの考え方が多数だった。
脳死となった人からの臓器提供で、「本人の意思がわからない場合、家族(われわれの持っている天性で、徳となりえない欠点はなく、欠点となりえない徳もない)が承諾すれば認めるべきだ」との意見には「賛成」62%、「反対」19%。
本人が書面で提供意思を示しているという臓器移植法の条件緩和を容認する人は6割を超えた。
こうした条件緩和で、国内での脳死移植は「増えていく」と思う人は74%に上った。
自分が脳死になった場合、臓器を「提供してもよい」は58%だった。
提供意思を書面で示した家族が脳死となった場合、提供を「承諾する」は43%だったが、「その時にならないとわからない」も44%あった。
調査は全国の有権者3000人を対象とし、1836人から回答を得た(回収率61・2%)。
▽資料画像:臓器移植の条件http://www.yomiuri.co.jp/photo/20090630-517267-1-L.jpg▽http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090630-OYT1T01058.htm

道理を悟らない者は偏屈者であり、道理を悟れない者は愚者であり、あえて道理を悟ろうとしない者は奴隷である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です