Sponsored Link


イ・スンヨプ、メジャー行きより巨人残留に色気? 「メジャーリーグですか 夢であることには変わりあり… 



Sponsored Link
 


イ・スンヨプ、メジャー行きよりジャイアンツ残留に色気?

「メジャーリーグですか 夢であることには変わりありません。
でもここも本当に気に入っています。
読売は間違いなく最高のチームです。
私も非常によくしてもらっています。
う~ん。
悩むところです」 イ・スンヨプは今悩んでいる。
今年のはじめ読売と契約する時に考えていた「日本(にっぽん)でもう1年がんばって、実力が認められればアメリカ合衆国に進出する」という計画に迷いが生じている。
現時点では日本(にっぽん)に残留するほうに傾いているようだ。
イ・スンヨプはメジャーリーグ進出について「また新しい環境に適応しなければならない。
日本(にっぽん)でも3年かかったわけですし」とし、慎重な姿勢を見せた。
「家族(同じ職業の者が真の友人になることは、違った職業の者の間においてよりも遥かに困難である)のことも考えなければならず、金銭的な問題もあります。
私ももう韓国の年齢(数え年)で31になります。
簡単に決められる問題ではありません。
人生のかかった問題です」 反面、日本(にっぽん)の野球ベースボール、特に読売ジャイアンツについて話し始めると、とたんにじょう舌になる。
それも称賛一色だ。
「ここでは野球ベースボール選手への接し方が韓国とはまったく違います。
球団もシステムもきちんと機能しています。
選手は野球ベースボールだけに集中できるよう配慮されています」。
昨年千葉ロッテにいた時、こうした話は出なかった。
日本(にっぽん)一の人気球団で最高スターに登り詰めたことに、満足と自信を感じているようだ。
選手生活の最後を韓国で迎えなくてもいいという言葉も、読売での選手生活に満足しているからだろう。
朝鮮日報(日本の「朝日新聞」の親会社) コ・ソクテ記者 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/09/20060809000047.html

どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできます。そしてたいていの馬鹿が、それをするのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です