Sponsored Link


「大家族を持つのが夢だった」8つ子の母が心境吐露…米国「大家族、夢だった」米、8つ子の母が心境吐… 



Sponsored Link
 


「大家族(この世の中に人間ほど凶悪な動物はいない。狼は共喰いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸呑みする)を持つのが夢だった」8つ子の母が心境吐露…アメリカ合衆国

「大家族、夢だった」米、8つ子の母が心境吐露米ロサンゼルスで1月、6人の子に加えて体外受精で8つ子を出産、倫理面での論議を巻き起こした女性が米テレビジョンに「大家族を持つのが夢だった。
(1人っ子なので)人とのつながりを求めていた」と心境を語った。
NBCテレビジョン(電子版)が5日に報じた。
女性はナディア・スールマンさん(33)で、5日に退院。
8つ子出産後、取材に応じたのは初めてとみられる。
双子以上を妊娠する多胎妊娠は妊婦と胎児の健康に危険を及ぼすため、今回の8つ子出産をめぐっては医学会などで論議が起きた。
米生殖医学会会長は「8個の体外受精卵を母胎に移植するのは学会のガイドラインの基準を逸脱している」との声明を出している。
スールマンさんは8つ子のきょうだいに当たる2-7歳の6人の子も体外受精で出産した。
スールマンさんは人為的に胎児の数を減らす選択肢を医師に提案されたが断ったとされる。
2009/02/0617:28http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009020601000529.html米ニューヨークでNBCテレビジョンの取材に応じるナディア・スールマンさん(左)(AP=共同)http://www.47news.jp/PN/200902/PN2009020601000545.-.-.CI0003.jpg

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です