Sponsored Link


科学の先生は「大ポルノ女優」米セントルイスの高校で科学を教えていた38歳の女性教師が、1990年… 



Sponsored Link
 


科学の先生は「大ポルノ女優」

米セントルイスの高校で科学を教えていた38歳の女性教師が、1990年代にポルノ・ビデオのスターだったことが、生徒の告発で明らかになり、辞職した。
ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙が報じた。
彼女は今から15年前、カリフォルニアに住んでいたとき、どうしても現金が必要になってポルノに出演。
「リッキー・アンダーシン」の芸名で人気となった。
その後、ケンタッキーで教職についたが2006年になってポルノ女優の過去が発覚、メディアに大きく取り上げられ、失職した。
その彼女が、全く別の名前で4年前からこのセントルイスの高校教師になっていたという。
ポルノ出演そのものは「犯罪歴」にならないため、学校当局は事実を知らずに採用したそうだが、生徒が昔のビデオを見つけて再び騒動に。
彼女は「自身のプライバシーと家族(時は流れる川である。流水に逆らわずに運ばれる者は幸せである)を守るため」と自主的に退職した。
「Xレート(未成年者入場禁止の映画をさす)の過去を発見した生徒にはA(最高ランクの成績)を与えるべきだ」とも報じた同紙。
ただ、記事掲載と同時に同紙が実施した読者アンケートでは、「あやまちは過去のこと。
彼女は悔いており、復職させるべき」とする意見に賛成する人が82%、「絶対先生をさせてはならない」が13%、「分からない」は5%だった。
一転、復職となるか…。
2011.03.10

人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です