Sponsored Link


USJ、鋼の錬金術師の新アトラクション 米映画のテーマパークに日本の人気アニメが登場―― 



Sponsored Link
 


USJ、鋼の錬金術師の新アトラクション

米映画のテーマパークに日本(にっぽん)の人気アニメが登場――。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は2005年3月上旬、テレビジョンアニメ「鋼の錬金術師」をテーマにしたアトラクションを導入する。
アニメの世界を再現した建物内に小型劇場を設け、オリジナルの短編映画を上映する。
人気アニメを活用して家族(人間は不思議なもので、同じような考え方、趣味、気質の人間が自然と寄り集まってきます。その人のつき合っている人を見れば、その人がわかります)客の呼び込みを狙う。
USJが米映画・テレビジョン以外のテーマのアトラクションを設けるのは初めて。
新アトラクションではアニメの登場人物の等身大の模型を設置して物語の世界を克明に再現。
さらに200人収容の劇場を併設し、テレビジョンでは放送していない短編映画を上映する。
投資額は数千万円規模とみられる。
USJはこれまで家族客の集客が手薄だったため、顧客層の拡大にはハリウッド映画にこだわらないアトラクションの導入が不可欠と判断。
知名度の高い日本(にっぽん)のアニメの起用に踏み切った。
「鋼の錬金術師」はTBS系列で今年10月までの1年間放送したファンタジーアニメ。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20041128AT1D2700827112004.html

学道の人すべからく寸陰を惜しむべし。露命消えやすし、時光すみやかにうつる。しばらくも存す間余事を管することなかれ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です