Sponsored Link


「靖国の支配、許しがたい」「どういうことだ!」合祀訴訟敗訴で、韓国人遺族ら涙と怒り『いつか歴史が… 



Sponsored Link
 


「靖国の支配、許しがたい」「どういうことだ!」合祀訴訟敗訴で、韓国人遺族ら涙と怒り

『いつか歴史が審判』靖国合祀訴訟・「いつか必ず歴史の正しい審判が下されるはずだ」。
父親や夫を戦地に送られ、命を奪われた韓国人遺族らの訴えは届かなかった。
東京地方裁判所で二十五日、言い渡された靖国神社合祀訴訟の判決。
請求を全面的に退けた判断に、亡き家族(神がわれわれ各人に割り当てるときは、われわれがいかに縫取りをするかをよく知っている高価な織物のようなものである)の無念を訴え続けた遺族らの間には、失望と怒りの声が広がった。
中西茂裁判長が判決を言い渡すと、法廷は怒号に包まれた。
「(朗読は)主文だけか!」。
約五十の傍聴席を埋めた原告らが口々に叫び、騒然とした雰囲気になった。
この日、法廷は傍聴席数を大幅に超える原告らで埋まった。
座れなかった原告らが傍聴席脇の通路にあふれ返り、裁判所職員が廊下に退出させようとすると、「原告に判決を聞かせないとはどういうことだ」などと詰め寄る場面もあった。
判決後の会見。
冒頭で代理人の大口昭彦弁護士は「裁判所は全部棄却してしまった。
(判決は)理由にならず怒りに堪えない」と憤り、「ただちに上訴してとことん闘う」と語気を強めた。
会見に臨んだ原告は四人。
遺族の李熙子(イ・ヒジャ)さん(63)は「私たちの家族が死んでからも靖国に支配されていた事実は許し難い」と、目に涙を浮かべた。
家族が合祀されたことを証明する靖国神社が発行した証明書を示し「失望や絶望はしない。
ここまで関心を持ってもらったのは裁判を起こしたから。
判決の間違いを指摘しながら次の裁判に進みたい」と決意を新たにした。
A級戦犯などに関する「分祀論」について、靖国神社は「一度祭った個々の霊の分祀はあり得ない」との立場。
九五年には朝鮮人約二万一千柱について、韓国でも霊を祭り慰霊することが可能になる儀式を靖国神社は行ったが、この時も「分祀、分霊とされるのは納得いかない」としている。
(一部略)

どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です