Sponsored Link


つるつるコリコリイカソーメン早食い大会香美町皿に盛られた一杯分のスルメイカのそうめんをできるだけ… 



Sponsored Link
 


つるつるコリコリイカソーメン早食い大会香美町

皿に盛られた一杯分のスルメイカのそうめんをできるだけ早く食べる「イカソーメンの早食い大会」が十一日、兵庫県香美町香住区訓谷の佐津海水浴場で開かれた。
老若男女二十人が参加。
し烈な争いを繰り広げながら、旬の味覚を楽しんだ。
香住の夏を代表する味覚としてイカを売り出そうと、香住観光協会(関清徳会長)が今年初めて企画、開催した。
会場には家族(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)連れやカップルなど約二百人が詰め掛けた。
競技は五人一組で予選を行い、各組の一位が決勝戦に進出する方式で行われた。
一杯分、約百グラムのイカソーメンを約四十五センチの長いはしを使って制限時間の四分以内に食べる。
参加者は扱いにくいはしに悪戦苦闘しながらも、鮮度抜群のイカソーメンを次々と口へと運んだ。
中にはしょうゆをつけずに飲み込む人もおり、観客の笑いを誘っていた。
三十三秒の記録で優勝した豊岡市正法寺の県職員、芝健二さん(29)は「朝ご飯を食べずに臨みました。
イカはコリコリして美味しかったです」話していた。
また、早食い大会のほか、プロの料理人による活イカ料理の実演やイカ料理の展示・試食会も開かれ、来場者が舌鼓を打った。
ソース日本(にっぽん)海新聞http://www.nnn.co.jp/news/060612/20060612009.html

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です