Sponsored Link


カメルーン代表GKカメニ「僕らはみんな元気にやっている」 アフリカ・ネーションズカップ アフリカ・… 



Sponsored Link
 


カメルーン代表GKカメニ「僕らはみんな元気にやっている」 アフリカ・ネーションズカップ

アフリカ・ネーションズカップに出場するトーゴ代表を乗せたバスが8日、開催国アンゴラに向かう途中で反政府ゲリラの襲撃に遭い死傷者を出した事件以来、同大会に出場するために選手を送り出しているクラブは、所属選手の安否を心配している。
そんな中、カメルーン代表GKカルロス・カメニは、所属クラブであるエスパニョルの公式サイト上で同国代表チームの無事を伝え、13日に控えるガボンとの初戦に 向けた意気込みを語った。
「僕らはみんな元気にやっているから安心してほしい。
今僕らがやるべきことは、トーゴ代表に起こった悲しい事件から距離を置き、目の前の試合に集中することだ」 また、昨シーズンまでエスパニョルのGKコーチを務め、現在はテクニカル・スタッフの1人としてカメルーン代表に同行しているトーマス・ヌコノ氏も、古巣のサイトを通して ファンや家族(どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない)に無事を伝えるメッセージを残している。
同氏は、現在代表チームが、事件の起こった地域からかなり離れた場所に 滞在していることを説明するとともに、この一件以来、各代表チームへのセキュリティーが 一層強化されたことも強調した。
カメルーンはこの大会で、ガボン、ザンビア、チュニジアと同組のグループDに入っている。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100113-00000008-spnavi-socc.html

あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。中国で百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です