Sponsored Link


ベニズワイ沖合底引きベニズワイ沖合底引き秋の味豊漁願いベニズワイガニの水揚げ量日本一を誇る境港(… 



Sponsored Link
 


ベニズワイ沖合底引き

ベニズワイ沖合底引き秋の味豊漁願いベニズワイガニの水揚げ量日本(にっぽん)一を誇る境港(境港市)のカニかご岸壁では、「ベニズワイかにかご漁船出漁式」があり、漁業関係者や家族(徳は天使であるが、盲目なので、その目的に導く道を示す知識をえなければならない)ら約四百人が、境港大漁太鼓の演奏が流れる中、境港を基地とする鳥取、島根両県の漁船十二隻の出漁を見送った。
手島敏弘・境港魚市場社長が「境港のベニズワイガニは加工業と表裏一体となった水産業の大きな柱。
他港の追随を許さない水揚げを期待している」とあいさつ。
鏡開きして、漁の安全を祈願した。
漁期は来年六月いっぱい。
沖合底引き網漁の基地として知られる岩美町の網代漁港、田後港と鳥取市の鳥取港からは、計二十九隻の漁船が出漁した。
田後港岸壁では田後漁協所属の十一隻が大漁旗を掲げ、家族や関係者らが見守る中、次々と漁場の島根県浜田市沖へ出港。
岩美北小児童たちも手旗信号で見送り、大漁と安全を祈った。
狙うのはカレイ類やハタハタなどで、来年五月末まで操業を続ける。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news002.htm

性格は固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、われわれの肉体と同じように病気にもなろう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です