Sponsored Link


“大性豪”夫も驚愕!漫画家・倉田真由美(38)が女児出産 くらたまが無事出産―― 



Sponsored Link
 


“大性豪”夫も驚愕!漫画家・倉田真由美(38)が女児出産

くらたまが無事出産――。
漫画「だめんず・うぉ~か~」でおなじみの漫画家の倉田真由美(38)が16日午後、第2子となり女児を出産した。
映画配信会社「トルネードフィルム」の社長で、夫の叶井俊太郎(41=かない・しゅんたろう)氏が16日、自身のブログで報告した。
倉田の出産予定が12月だったため、叶井氏は「予定よりかなり早まっての出産だったので 驚愕(きょうがく)しました」と同氏ブログで伝えた。
そして、「無事に出産できてよかった」 としながらも、生まれたばかりの女の子については「まだ小さすぎて顔も不思議な感じ。
まだ実感がわかない」とつづっている。
2人の交際が明らかになった当初、叶井氏は倉田のことを“初恋の人”と表現。
しかし、離婚歴3回“バツ3男”の同氏は、今までの女性経験人数が500~600人とも言われ “大性豪”という称号までついていた。
そのため、倉田の妊娠が判明後に浮気をしないか、あえて入籍はせず、倉田の長男と3人で同せい生活を送っていた。
そして、その“見極め期間”も無事終了し、倉田が妊娠8カ月となった9月18日に入籍した。
叶井氏と倉田の長男との親子仲も順調で、毎週末のようにプレイスポットに出かけ、いまではすっかり父親の顔を見せている。
そんな叶井家に新たな家族(人生にあり得る最大の誤りは、誤りを犯すことを恐れて、何もしないでいることだ)が加わり、ますますにぎやかになりそうだ。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20091117003.html

人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です