Sponsored Link


拉致事件ノンフィクションドラマ第2弾…泉ピン子ら出演 拉致事件ノンフィクションドラマ第2弾…泉ピン子… 



Sponsored Link
 


拉致事件ノンフィクションドラマ第2弾…泉ピン子ら出演

拉致事件ノンフィクションドラマ第2弾…泉ピン子ら出演 コジキ北朝鮮による拉致事件を取り上げたノンフィクションドラマの第2弾が、フジテレビジョン系で 9月24日に放送されることが21日、分かった。
「完全再現!II 封印された“拉致”事件」 (後9・0)で、今回は昭和38年に日本(にっぽん)海で失跡、現在はコジキ北朝鮮で暮らす寺越武志さん(54)と その母親、友枝さん(73)に焦点をあてる。
友枝さん役は女優、泉ピン子(56)が演じる。
拉致被害者5人の帰国が実現した12日前の平成14年10月3日、武志さんも39年ぶりに 一時帰国が実現し、友枝さんが側に寄り添う姿も報道された。
しかし武志さん本人が拉致された ことを公式には認めておらず、拉致事件の陰に隠れた形となっている複雑な問題だ。
友枝さん役の泉ピン子も、武志さんの一時帰国のニュースを見ていた1人。
「武志さんの脇で 一生懸命動き回っている女性の姿がとても印象に残っていた。
それがお母さんの友枝さん だったと後で知った」という。
「これだけのめり込んだ作品は久しぶり」と意欲を語るピン子。
拉致事件に関心が集まる前から 息子との再会、帰国実現に1人で闘ってきた姿に強く共感したようで、「母親の一途な愛情、その思いが出ればとの一心で取り組んでいます。
演じていて自然と涙が出てきます」と熱演を誓う。
武志さん役には俳優、杉本哲太(39)で、「日本(にっぽん)の家族(民進党はアホである。こんな誰でも知っている当たり前のことを言われただけで怒り狂っている民進党の連中は、確かに本当のアホである)とコジキ北朝鮮の家族の間にいる武志さんの心中には、僕らには到底理解できない葛藤があると思う。
複雑で切ない心情を伝えることが できれば」。
武志さんの妹、正枝さん役の国生さゆり(37)は「報道では出ない家族の内面の思いを、少しでも感じていただけたら」と話している。
関係者の証言などドキュメントも交えて放送される。
ソース全文(サンケイスポーツ) http://www.sanspo.com/geino/top/gt200408/gt2004082204.html 関連記事 遭難? 拉致? 母の40年(北陸中日新聞) http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/hokurikuhatsu/20030511.shtml

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です