Sponsored Link


解剖医が初動捜査のミス指摘、「事件性がない」で終わっていた可能性も…力士急死事件 大相撲時津風部屋… 



Sponsored Link
 


解剖医が初動捜査のミス指摘、「事件性がない」で終わっていた可能性も…力士急死事件

大相撲時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17歳)=時太山ざん)=が急死した 問題で、遺体を解剖した新潟大大学院の出羽厚二准教授(法医学)が新聞の取材に 応じ、「初動に問題があった。
家族(結婚するとき私は、女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。 今つくづく考えると、あのとき食べておけばよかったと思う)に指摘されて解剖する事態になったのは大失態」と愛 知県警の不手際を指摘した。
【岡田英】 斉藤さんは6月26日、午前11時10分ごろからぶつかりげいこを始め、約30分後に倒れ、同日午後2時ごろ死亡が確認された。
愛知県警は捜査員を派遣し検視を行ったが、遺体 が運ばれた犬山市の病院が死因について「心不全」と判断したこともあり、事件性は薄い とみて遺体を部屋側に返した。
関係者によると、26日深夜に遺体を引き取った新潟市の遺族が傷を不審に思い、新潟県 警に解剖を要請。
同県警は検視の結果、「普通の傷ではない」と判断、愛知県警に連絡し た。
死後1日以上経過した27日夜に出羽准教授に愛知県警から解剖の要請があった。
解剖の結果、死因は「多発外傷による外傷性ショック死」で、出羽准教授は、当初の死因 とされた心不全・虚血性心疾患について「これは解剖結果ではないし、違う」と否定した。
その上で、「『激しいぶつかりげいこで亡くなった』という部屋側の話をうのみにして事件性 がないと判断した可能性がある」と愛知県警の検視を疑問視した。
さらに「家族に連絡も せずに遺体を親方に返してしまった。
結果的に加害者(の疑いがある部屋)側に返したこ とになり、常識的に考えておかしい」と批判した。
出羽准教授は、解剖は当初発表のあった監察医による行政解剖ではなく、遺族の了承を 得て公費で行う「公費承諾解剖」と呼ばれる方式で行われたことを明らかにした上で、「私 に連絡がつかず解剖が行われなければ、『事件性がない』で終わったかもしれない」とも 指摘している。
出羽准教授の指摘に対し、愛知県警幹部は「しかるべき(初動)捜査を行ったが、(遺体の扱いなどについて)批判を受けても仕方ない部分もある。
真相の解明に向け、さらに必要 な捜査を進めたい」などと話している。
新聞 2007年10月14日 3時00分 一部略 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071014k0000m040108000c.html

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です