Sponsored Link


脳死者からの臓器移植を想定し訓練香川大医学部付属病院[09/03]脳死者からの臓器移植を想定し訓練2006年… 



Sponsored Link
 


脳死者からの臓器移植を想定し訓練香川大医学部付属病院[09/03]

脳死者からの臓器移植を想定し訓練2006年9月2日09:30臓器提供病院となっている香川大医学部付属病院(香川県木田郡三木町池戸、長尾省吾病院長)は一日、脳死者からの臓器提供を想定した移植模擬訓練を実施。
医師らが提供者の発生から臓器摘出までの流れを確認し、迅速な「命のリレー」に備えた。
前回の訓練から約八年が経過しており、院内体制を再確認することで、職員の意識を高めようと実施。
脳死判定を行う医師や学外の移植コーディネーターら約三十人が参加した。
訓練は、交通事故で同病院の救命救急センターに搬送された四十代の男性が脳死状態に陥ったとの想定でスタート。
主治医が家族(およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る)役の学生に病状を説明し、移植コーディネーターが加わって脳死判定の承諾書を作成。
長尾病院長を本部長とする対策本部を設置して判定医を指名したほか、院内の連絡体制を確認した。
同病院は今回の訓練結果を踏まえ、部署ごとに対応を見直したり、警察など外部機関への連絡のタイミングを検証するなどして体制を整える。
一九九七年の臓器移植法施行以降、全国では四十八例の法的脳死判定が行われ、このうち四十七例が移植に至った。
県内には臓器提供病院が同病院を含め四カ所あり、法的脳死判定が行われたことはない。
http://www.shikoku-np.co.jp/news/social/200609/20060902000099.htm

「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です