Sponsored Link


「34万ほどの給料で、贅沢できると思ってるのか」公務員意見に、批判殺到…一方で「橋下手法は、小泉氏… 



Sponsored Link
 


「34万ほどの給料で、贅沢できると思ってるのか」公務員意見に、批判殺到…一方で「橋下手法は、小泉氏と同じ」意見も

・橋下知事就任以来の懸案だった財政再建案の最終案がまとまり、5日発表された。
自身の「3割カット」を筆頭に、人件費を345億円削減(全職員では4~18%減額)するほか、青少年会館など6施設を廃止。
この最終案が発表される前後で、ネット上では、思わぬ場外乱闘が起きていた。
発端は市民記者によるニュースサイト「JANJAN」に4日に掲載された記事だ。
記事は大阪の中学校で勤務する公務員が執筆したものとみられ、「知事が145万円も給料もらっているのと大きく違います。
手取り、34.5万円ほどの給料で家族(家を建てるのは住むためで、人に見せるためではない)を養っている私たちが、一体どれだけ贅沢なことができると思ってはるのですか」と、待遇への不満をぶちまける一方、「大型プロジェクト不振のつけを人件費で解消しようなんて方向違いです」と、人件費削減反対を訴えた。
これに対して、記事の内容に反発する声が殺到したのだ。
「民間の感覚とかけはなれている」「それだけ言うなら民間で勝負してみる?」といった、民間に比べて公務員の待遇が恵まれていることを指摘する声が多い。
特に、職員が不満をこぼしている「手取り34.5万円」という額についての意見が目立つ。
「私の親は、残業しても30万円いくかいかないかの賃金で私や姉を大学や、専門学校にまで進学させ更に住宅ローンまで払っています」「現在、全職員の平均年齢43.6歳の職員の場合、年収は約760万円が支払われている。
760万円で高くない給料などとどの口が言うのでしょうか?諸手当をすべて返上してから言ってもらいたい」他にも、この市民記者が橋下知事の報酬額を引き合いに出していることについて、「橋下知事のタレント時代の収入は数億円あったが、それを投げ打って知事になった」などと「橋下擁護」の声が多い。
もっとも、「職員を叩いて、府民を味方につけ『改革』を行う橋下知事のやり方は小泉前総理大臣と同じです」といった、橋下知事の手法を批判する声もあるが、70件以上寄せられているコメントのうち、「橋下支持」が大半だ。
さらにコメントの多くが比較的長文だというのも異例だ。
(抜粋)

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です