Sponsored Link


「リストラ恐れ働き過ぎ」過労死110番に相談殺到弁護士や医師らが過労死予防や労災申請に関する相談… 



Sponsored Link
 


「リストラ恐れ働き過ぎ」過労死110番に相談殺到

弁護士や医師らが過労死予防や労災申請に関する相談に乗る「過労死・過労自殺110番」が14日、27都道府県で一斉に行われ、昨年より94件多い319件の相談が寄せられた。
昨年度1年間に労災認定された過労死の件数は過去最多の160件に上るなど、景気の長期低迷を背景に過労で亡くなる人は増えているとみられる。
主催した過労死弁護団全国連絡会議は、「リストラを恐れてサービス残業するなど、長時間労働せざるを得ない人が増えているのではないか」としている。
この日の相談内容は、過労死予防に関するものが155件、労災補償に関するものが122件など。
このうち、過労自殺者の遺族からの相談は41件だった。
相談は、いずれも深刻なものばかり。
メーカーの中間管理職だった50歳代の男性は、週末も含めて20日以上も深夜の帰宅が続き、家族(商人の職業は、物が豊富にあるところから物の高価なところにもたらすことだ)に「すまない」と書き残して自殺したという。
また、毎日午前6時に出勤し、午後11時ごろ帰宅するという流通業界に勤務する30歳代の男性は、「タイムカードがないので、もし過労で倒れても記録が残らない」と訴えた。
(以下略)引用元

先に進むための秘訣は、まず始めること。まず始めるための秘訣は、複雑で圧倒する仕事を、扱いやすい小さな仕事に分解して、最初のひとつを始めることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です