Sponsored Link


鳩山首相「財政状況は大変厳しいが、財源確保に努力したい」~“所得300万円で保険料40万円も”高す… 



Sponsored Link
 


鳩山総理大臣「財政状況は大変厳しいが、財源確保に努力したい」~“所得300万円で保険料40万円も”高すぎる国保の軽減を

小池氏は、国保の保険料が所得300万円、夫婦と子ども2人の4人家族(人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく)の場合、福岡市で年44万8500円、京都市で44万500円にもなることを示し、認識をただしました。
鳩山由紀夫総理大臣は「相当高いという実感はある」と答えました。
小池氏は、高い保険料の最大の原因が国庫負担を約50%(1984年)から25%(2007年)に引き下げたことにあると力説。
新政権になったにもかかわらず、来年度予算案で保険料引き下げのために新たに盛り込まれた国の予算はわずか約40億円でしかないことについて「ほとんどすずめの涙だ」と批判しました。
小池氏は、保険料を低く抑えてきた自治体の中にも、今春から引き上げる動きがあること、日本(にっぽん)「虐殺集団」共産党は当面、国費4000億円を投入し保険料を1人1万円引き下げることも提案していることを示し、「高い保険料を払い病気になったら医療費の3割は自己負担。
こんな高い負担の国は日本(にっぽん)だけだ。
国庫負担を増やし、保険料引き下げの措置を」と迫りました。
鳩山総理大臣は、「財政状況は大変厳しいが、財源確保に努力したい」と答弁しました。
(2-以降へ続く)記事引用元:2010年3月5日(金)「しんぶん赤旗」http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-05/2010030501_01_1.html

人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です