Sponsored Link


エジプトのノーベル賞作家、ナギブ・マフフーズ氏死去エジプトのノーベル賞作家、ナギブ・マフフーズ氏… 



Sponsored Link
 


エジプトのノーベル賞作家、ナギブ・マフフーズ氏逝去

エジプトのノーベル賞作家、ナギブ・マフフーズ氏逝去アラブ文学界を代表するエジプト人作家で、1988年にアラビア語圏で初めてノーベル文学賞を受賞したナギブ・マフフーズ氏(94)が30日、入院先のカイロ市内の病院で死亡した。
同氏は7月中旬、高齢による腎機能悪化や肺炎などのため入院、今月中旬、容体が悪化、集中治療を受けていた。
カイロ生まれ。
1938年に短編集「狂気のつぶやき」でデビュー、以後、反英闘争を経てナセルの革命、中東戦争、対イスラエル和平とめまぐるしく推移した激動の世紀を舞台に、エジプト民衆の心と生活を活写した作品を多数書き上げた。
特にカイロの中下層階級の家族(結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです)の三代にわたる生活を主題とした「バイナ・ル・カスライン」などの三部作は有名で、その自然主義的リアリズムの手法は、「エジプトのゾラ」とも称されるほど、高く評価された。
94年には、預言者ムハンマドを題材にした小説がもとで、イスラム原理主義者に襲撃され、負傷する事件もあった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060830i312.htm

人生は、10段変速の自転車のようなもの。 だれもが自分がもっているものの大半は使っていないのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です