Sponsored Link


メキシコ代表のFWアントニオ・デ・ニグリスが睡眠中に心臓発作で急死 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/… 



Sponsored Link
 


メキシコ代表のFWアントニオ・デ・ニグリスが睡眠中に心臓発作で急死

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20091117-00000008-spnavi-socc.html ギリシャのAEL1964に所属するメキシコ代表FWアントニオ・デ・ニグリスが16日、心停止で急死した。
メディアの報道によると、ニグリスは睡眠中に心臓発作に見舞われたという。
ニグリスがプロデビューを果たしたクラブであるCFモンテレーのルイス・ミゲル・サルバドール副会長は、メキシコのメディアに対し、「われわれはこの知らせに大きなショックを受け、深い悲しみに打ちひしがれている」と悲報への驚き表している。
一方で同クラブは、ニグリスの早すぎる死を悼む声明をメディアを通じて発表した。
「われらの良き友でありチームメートだったアントニオ・デ・ニグリスに謹んで哀悼の意を表したい。
そして、残された家族(すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする)全員がこれからも心を合わせ、強く生きられるよう心から祈っている」 ギリシャのメディアによれば、配偶者より通報を受け、駆け付けた救急隊員がニグリスを最寄りの病院へ運んだのの、同選手は病院に到着する前にすでに息を引き取っていたという。
31歳の若さで命を落としたニグリスは、1999年にメキシコのCFモンテレーでプロとしてのキャリアをスタートさせた。
それ以来、クラブ・アメリカ(03年)、プエブラ(05年)、クラブ・ウニベルシダ・ナシオナル(05年)など母国クラブでの活躍に加え、スペインのビジャレアル(03年)やポリ・エヒド(03-04年)をはじめ、コンロビア、ブラジル、トルコなどのクラブを渡り歩き、09年からはギリシャのAEL1964でプレーしていた。
TV azteca 動画 http://www.aztecadeportes.com/futbolmexicano/index

「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」「賢い男は美人と結婚しないからさ」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です