Sponsored Link


ブリヂストン子会社、西アフリカのゴム農園での過酷労働で提訴される米人権団体、国際労働者権利基金は… 



Sponsored Link
 


ブリヂストン子会社、西アフリカのゴム農園での過酷労働で提訴される

米人権団体、国際労働者権利基金は17日、ブリヂストンのアメリカ合衆国子会社が運営する西アフリカ・リベリアの天然ゴム農園で、従業員やその家族(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)が過酷な労働を強いられているとして、会社側に待遇改善を求める訴えをカリフォルニア州ロサンゼルスの連邦地方裁判所に起こした。
同基金は、厳しい収穫のノルマを従業員だけでは達成できないため、子どもたちが無給で農園の仕事に駆り出されていると指摘。
1家族当たりの労働時間は1日延べ21時間に達していると批判している。
ロイター通信によると、ブリヂストン側は「長い内戦の後遺症に苦しむリベリアに最も投資し、雇用、教育、住宅の供給のため貢献してきた」と反論、全面的に争う姿勢を示している。
ゴム農園は、ブリヂストンが買収した米タイヤ大手ファイアストンが1926年から操業、現在はブリヂストン・アメリカズ・ホールディング傘下に置かれている。
ソース(・共同通信)http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20051119k0000m020057000c.html

世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です