Sponsored Link


オジー・オズボーン、トライベッカ映画祭に登場! 死んだ動物をステージの上に投げ込まれた話について語… 



Sponsored Link
 


オジー・オズボーン、トライベッカ映画祭に登場! 死んだ動物をステージの上に投げ込まれた話について語る

ブラック・サバスのヴォーカルとして独特な歌唱法や派手なパフォーマンスを 披露してきたオジー・オズボーンが、トライベッカ映画祭(The Tribeca Film Festival 2011)で、彼を描いたドキュメンタリー作品『ゴット・ブレス・オジー・オズボーン(原題) / God Bless Ozzy Osbourne』について、ジャック・オズボーン、マイク・フレイス、マイク・ピサイテリらと ともに語った。
 同作は、40年前にブラック・サバスのヴォーカルとして人気を集めてから、現在までの活動を通してオジー・オズボーンのその個性的なキャラクターを描き、さらに近年行われた ツアーや彼の家族(すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである)、息子ジャック、娘ケリー、そして妻のシャロンらのインタビューなども 含まれている。
映画内で、オジーが酒や薬物に溺れた過去なども振り返っているのにも注目だ。
オジーの息子のジャック・オズボーンはこの映画でプロデューサーを務め、マイク・フレイスと マイク・ピサイテリは共同監督としてメガホンを取っている。
 製作経緯についてジャック・オズボーンは「イギリスで知り合いのパブリシストと夕食を 共にしたさいに、彼からこれから何がしたいのかと尋ねられたんだ。
僕はドキュメンタリーを 制作したいと答えると、その彼はまず機材を揃えてから、とりあえず僕の父親を撮影して みたらと提案してきたのが始まりだった」と語った。
その後ジャックは長年の友人である マイク・ピサイテリに監督を委ね、さらにマイク・フレイスが共同監督として後で加わった ことも教えてくれた。
そしてジャックは「MTVのリアリティ番組『オズボーンズ』とは違った、真のオジー・オズボーンをこの映画で知ってほしい」と制作意図も明かした。
 共同監督のマイク・ピサイテリは「おそらく1,500時間もの映像を撮影したと思うんだ。
約2年分の映像で、その中にはインタビューした人たちに何度も戻ってきてもらったり、同じような質問をした映像などもあった。
だから、そんなたくさんの映像を90分間にまとめると、周りのスタッフから『これはどうだい?あれはどうだい?』とさらにいろいろなアイデアを 出されたよ」と編集するのにかなり時間が掛かったことを語った。
シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0032091

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です