Sponsored Link


全国の私立中高、1099校が被災生徒受け入れ全国の私立中学・高校で東日本大震災で被災した生徒を受… 



Sponsored Link
 


全国の私立中高、1099校が被災生徒受け入れ

全国の私立中学・高校で東日本(にっぽん)大震災で被災した生徒を受け入れる動きが広がっている。
判明しているだけでも40都道府県の中学・高校(通信制を除く)計1099校が約6600人の受け入れを表明。
大半が学費免除で、中には希望者全員の受け入れや、家族(徳は天使であるが、盲目なので、その目的に導く道を示す知識をえなければならない)を含めた支援の申し出もある。
東京都北区の男子校、聖学院中学・高等学校(山口博校長)は、震災直後に職員会議と保護者会を開き、学費免除で希望者全員の受け入れを決定。
交通費、食費をまかなう基金の準備を始めた。
ホームステイ先も15件確保した。
日本(にっぽん)私立中学高等学校連合会の調査(14日現在)によると、私立校の多い東京、神奈川を中心に、中学299校(計1439人)、高校(全日・定時制)800校(計5130人)が受け入れを表明した。
大半が当面の学費を免除し学用品も支給。
在校生家族によるホームステイや寮など、生活支援の申し出も246校に上る。
成績や出身校に条件を付ける場合も一部にあるが、ほとんどが公立校の生徒に門戸を開いている。
(2011年4月23日14時35分)

一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。 一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。 一ヶ月だけ幸せでいたいなら、家を買え。 一年だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。 一生幸せでいたいなら、正直でいることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です