Sponsored Link


「恐怖 



Sponsored Link
 


「恐怖。
暗黒時代の布石」小泉総理大臣の靖国参拝訴訟で、遺族が恐怖・危機感訴え

遺族、恐怖・危機感訴え/総理大臣参拝「暗黒時代の布石」沖縄靖国訴訟・小泉純一郎総理大臣の靖国神社参拝は違憲で、参拝により精神的苦痛を受けたとして、沖縄戦の遺族や宗教者らが総理大臣と国を相手に損害賠償を求めた訴訟の第八回口頭弁論が十九日、那覇地方裁判所(西井和徒裁判長)で開かれた。
沖縄戦で両親ら家族(困難な情勢になってはじめて誰が敵か、 誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ)四人を亡くした男性(64)は初の原告尋問で、遺族の意に反する合祀や総理大臣の参拝について「非常に恐ろしい。
再びあの暗黒の時代になる布石ではないか」と危機感を訴えた。
沖縄戦末期を六歳で迎えた男性は海軍兵に召集され後に戦死した父親と那覇市の「10・10空襲」直後に別れた思い出や、本島南部を逃げ惑いながら家族や親せきが次々と亡くなっていった状況を生々しく語った。
逃げる途中、空き家で炊事中に爆弾の直撃を受けて母親と二歳の弟を亡くしたことについて聞かれ、「しばらくぼうぜんとした。
本当にもう帰ってこないんだとだんだん実感がわいて…。
残された兄弟は…。
そろって泣きました」と声を詰まらせた。
また、父親以外に母親ら二人が靖国神社に合祀されていることを二日前の問い合わせで初めて知ったことも明らかにした。

30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です