Sponsored Link


息子の嫁がおさわり暴露 24日に肺炎のため84歳で死去した俳優丹波哲郎さんの通夜が29日、東京・港… 



Sponsored Link
 


息子の嫁がおさわり暴露

24日に肺炎のため84歳で逝去した俳優丹波哲郎さんの通夜が29日、東京・港区の青山葬儀所で営まれ、600人が献花した。
通夜の後、長男で俳優丹波義隆(51)が家族(自分の人生がレールに乗せられて、ゴールが見えているのは嫌でした。 それよりも線路からヒョイと降りて、どこに行くかわからない人生の方が面白そうだと思った)そろって会見。
義隆の長男で高校3年生の大士さん(17)が「これからも誇りに思える偉大な祖父。
祖父と父と同じよう に俳優になりたい。
祖父を目標にしたい」と将来の夢を口にした。
突然の宣言に義隆は「今、初めて聞いた。
僕が俳優になりたいと言ったときのおやじの気持ちが分かります。
おやじと子供はどこか、ライバルなんですが、父は孫の思いを喜ぶと思います」と感激した。
丹波さん似の大士さんは、大胆なユーモアのセンスも受け継いだようで「祖父はいつも、女性の体をいっぱい 触っていました」。
義隆が「俳優になっても女性は触るなよ」と続けると、義隆の妻久美さんが「(丹波さんに) お尻を触られて『私は義隆のものです』と言うと、舌を出しておちゃめだった」、孫娘のゆうさん(13)と あいさん(9)も触られた事実を告白。
笑顔で丹波さんをしのんだ。
この日、遺体を乗せた車は午後3時に東京・杉並区の自宅を出発。
遠回りして数々の作品を撮影した同練馬区の東映大泉撮影所を訪れると、スタジオ内の全キャスト、スタッフが出迎えた。
祭壇は映画「大霊界」で丹波さん がイメージした霊界を再現して、花畑が広がった。
献花はドラマ「Gメン’75」のテーマが放送当時と同じ 芥川隆行さんのナレーション入りで流され、開始された。
「霊界の宣伝マン」でも無宗教で、位牌(いはい)、戒名、焼香台は置かれず、参列者の礼状には「一足先に旅立つよ。
みんなむこうで待ってるぞ。
じゃあな!」 という丹波さんのメッセージが記された。
  遺影は97年のTBSドラマ「ホテル」で総支配人を演じたものだった。
会場には中大時代の写真が展示され、故貞子夫人を見送った時に使用した「赤とんぼ」や「月の砂漠」などが流された。
告別式は30日正午から同所で営まれる。
[2006年9月30日8時0分 ニッカンスポーツ]

できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です