Sponsored Link


全米興行成績:タランティーノ監督「イングロリアス・バスターズ」が好スタートで1位 盟友対決で注目の… 



Sponsored Link
 


全米興行成績:タランティーノ監督「イングロリアス・バスターズ」が好スタートで1位 盟友対決で注目のロドリゲス監督新作は6位

週末の全米映画興行成績は、クエンティン・タランティーノ監督が 「地獄のバスターズ」を下敷きに撮り上げた戦争アクション大作 「イングロリアス・バスターズ」が、タランティーノ作品のベストとなる 興収3760万ドルをマークしてみごと初登場1位に輝いた。
ナチス占領下のフランスを舞台に、家族(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)を殺され、今は映画館の女支配人に 身を潜めながら復讐の時を待つヒロインと、その情け容赦ない手口で “バスターズ”と恐れられるユダヤ系アメリカ人で組織されたナチ狩り部隊を 軸に繰り広げられる一大ナチ殲滅作戦の行方を壮大なスケールで描き出す。
出演はブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ。
レビューのほうも絶好調で「パルプ・フィクション」の1億0793万ドルという タランティーノ監督の自己ベストの更新も十分狙える好スタートとなった。
(中略) 速報順位は以下の通り。
順位  タイトル 興収$ 累計$ 1. 「イングロリアス・バスターズ」 37.6M (37.6M) 2. 「District 9」 18.9M (73.4M) 3. 「G.I.ジョー」 12.5M (120.5M) 4. 「きみがぼくを見つけた日」 10.0M (37.4M) 5. 「Julie & Julia」 9.0M (59.2M) 6. 「ショーツ(原題)」 6.6M (6.6M) 7. 「スパイ・アニマル Gフォース」 4.2M (107.3M) 8. 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 3.5M (290.2M) 9. 「男と女の不都合な真実」 2.8M (82.8M) 10. 「Post Grad」 2.8M (2.8M) (以下略) http://www.allcinema.net/prog/news_details.phpNsNum=4896 Box Office:August 21-23, 2009(11位以下はこちらを参照) http://www.boxofficemojo.com/weekend/chart/yr=2009&wknd=34&p=.htm 省略部分と関連リンクはまとめて>>2を参照

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です