Sponsored Link


今季MVPのRソックス・ペドロイア、6年総額4050万ドルで球団と契約 「FAで年俸が上がる事より、ここに長… 



Sponsored Link
 


今季MVPのRソックス・ペドロイア、6年総額4050万ドルで球団と契約 「FAで年俸が上がる事より、ここに長くいられる事を選んだ」

米メジャーリーグ、レッドソックスのダスティン・ペドロイア内野手が3日、来季からの6年契約を結んだ。
7年目は球団に選択権があり、AP通信によると、6年総額で4050万ドル(約37億6000万円)。
ペドロイアは25歳の二塁手で、メジャーリーグ2年目の昨季は最優秀新人(新人王)、今季は最優秀選手 (MVP)に選ばれた。
身長175センチと大リーガーとしては小柄だが、走攻守に優れている。
昨季は打率3割1分7厘、8本塁打、50打点、7盗塁でワールドシリーズ制覇に貢献。
今季は打率3割2分6厘、17本塁打、83打点、20盗塁と各部門で数字を伸ばし、プレーオフ進出の原動力となった。
また、118得点は今季リーグ最多、213ヒットはマリナーズのイチロー外野手と並ぶ 今季メジャーリーグ最多で、ゴールドグラブ賞にも選出された。
▼ペドロイア内野手の話 素直にうれしい。
チームが勝つための力になりたかった。
フリーエージェントになれば年俸が上がるとか、そういうことより、自分と家族(毎月少しずつお金を貯めていきなさい。 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに)が好きなチームに 長くいられることを選んだ。
米メジャーリーグ、レッドソックスのペドロイア内野手は3日、来季から6年の延長契約を結び 「ここに長くいられることが幸せだ」と、同じユニホームを着てプレーを続けられることを無邪気に喜んだ。
昨年は新人王を獲得、今年はMVPに輝いた25歳は、順調ならあと4年ほどでフリーエージェント(FA) 資格を得るはずだった。
メジャーリーグは年俸高騰が著しいだけに、そこまで待って 破格の待遇を勝ち取る選択もあった。
だが、本人は「もちろん、FAを考えればもっとお金を稼げるのでは、とも考えた。
でも自分自身、そして家族みんなが気に入っている球団。
毎年優勝の可能性があるレッドソックス以外で プレーしたいとは思わない」。
「チーム愛」を強調し、会見に同席したエプスタイン・ ゼネラルマネジャーを喜ばせた。
とはいえ、今季年俸は45万7000ドル(約4250万円)で、次の6年間でその90倍近い額を手にする。
昨季序盤、打率1割台と低迷し「まだメジャーの力はない」と酷評された小柄な青年が、2年足らずで栄光の階段を駆け上がった。
スポニチannex http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20081204022.html http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20081204027.html

人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です