Sponsored Link


25日モンテネグロ戦、29日NZ戦の代表親善試合も白紙…緊急帰国したザッケローニ監督の再来日も未定 ザッ… 



Sponsored Link
 


25日モンテネグロ戦、29日NZ戦の代表親善試合も白紙…緊急帰国したザッケローニ監督の再来日も未定

ザック監督日本(にっぽん)脱出 25、29日の親善試合も白紙。
日本(にっぽん)代表のアルベルト・ザッケローニ監督(57)が12日、イタリア人スタッフ4人とともに イタリアに緊急帰国した。
地震の発生を受けて心配を募らせている母国の家族(生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない)に面会する のが目的。
再来日の日程は未定。
17日に予定される日本(にっぽん)代表発表、25日のモンテネグロ戦(エコパ)、29日のニュージーランド戦(国立)など今後のスケジュールは 白紙となった。
ザッケローニ監督がスタッフとともに日本(にっぽん)を脱出した。
「イタリアにいるスタッフの家族が 大いに心配してます。
家族に元気な顔を見せ、安心させるため、一時帰国することにしました」。
日本(にっぽん)協会の小倉会長の許可を得ると、この日夜羽田発の航空機で帰国の途に就いた。
ドバイ経由でイタリアに向かう。
翌朝の直行便さえ待てなかった。
まさに緊急脱出だった。
日本(にっぽん)協会を通じて「甚大な被害を受けた多くの方々に心からお見舞い申し上げます」と 被災者を見舞うコメントを発表したが、指揮官自身もショックを受けた。
前日の地震発生時、ザッケローニ監督は都内の21階建ての高層マンションの4階におり、指示に従って屋外に 避難した。
衛星テレビジョン、スカイ・イタリア(電子版)には「全てが波打つのを見た。
まるで ゴムの家にいるようだった」と恐怖の体験を語った。
唯一通じたネット電話「スカイプ」を使い 母国に安否を伝えたが、心配する家族のために居ても立ってもいられなくなったようだ。
スポーツニッポン [ 2011年3月13日 06:00 ]

結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です